梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

水戸散策(2):嘗ての花街,旧奈良屋町を歩く。

f:id:anachro-fukurou:20210616001521j:plain

谷の街。 2021.06.07 旧奈良屋町

 


6月7日(月)。出張の前日,水戸の駅前を散策。まずは駅北口から徒歩数分の場所に位置する「宮下銀座」のアーケード商店街を撮影した。

 

宮下銀座を去り,続いてはその西側に位置する花街の跡,旧奈良屋町を歩く。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001511j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210616001635j:plain

古びた飲食店が並ぶ一角。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001640j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210616001517j:plain

街角の招き猫。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001645j:plain

飲食店の道から南に下りると,緑に飲み込まれた建物がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001650j:plain

まりも。扉にはアマビエが掲げられていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001656j:plain

鬱蒼。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001526j:plain

トタンと錆と蔦。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001702j:plain

繰り返された増改築の跡。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001531j:plain

先程の道から北西に移動するとすぐ,再び緑に飲み込まれつつある「大衆クラブ」のビルが見えた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001707j:plain

キャンパスワン,廃業して久しいのだろうか,

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001712j:plain

初めに東から歩いて来た,飲食店のある道に戻り,さらに西へ。急坂に建つ古い商店が絵になる。コカ・コーラの看板は,もはやノスタルジックな存在である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001717j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210616001723j:plain

花街の名残。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001729j:plain

お好み焼き屋の跡。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001536j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210616001546j:plain

小さな坂をさらに下る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001740j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210616001734j:plain

カフェー建築の跡。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001551j:plain

みまつホテルの裏面。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001745j:plain

そして国道50号線のビルの裏面へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001750j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210616001756j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210616001801j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210616001806j:plain

この美しさの表現に,言葉など要らないだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001558j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210616001604j:plain

こんなところに裸電球。あまりにも配管の猥雑さに惹かれ過ぎて,危うく見落とすところだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001811j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210616001541j:plain

さて,今度は西側に向け,坂を登ろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001816j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210616001822j:plain

窪地を望む。見えている範囲が旧奈良屋町,写真背中側の坂を登り切れば旧黒羽根町である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001624j:plain

細い細いビル。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001609j:plain

下調べから漏れた路地を発見。老いた白猫が座っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001614j:plain

こちらに一瞥をくれると,「こっちにおいで」と言わんばかりの後ろ姿で,のっそのっそと歩いていった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001619j:plain

きっと「お馴染み」の爪とぎスペースで少し立ち止まった後,路地の向こうに消えていった。 

招かれたような気がしたので,後をつけるようにして,向こう側に抜けた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001837j:plain

その刹那,凄まじい光景に出会ってしまった。猫が案内してくれたのは,これだったのか…!

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001827j:plain

初めは近すぎて文字が判読できなかったのだが,引いてみて初めて「SUNTOPIA」と読むことができた。

サントピアは,1970年代末に建てられたファッションビルで,2016年に解体されたようだ。この敷地は嘗て店舗(喫茶店?ジャズバー?)だったようなのだが,現在は喫茶ワシントン野外劇場となっているらしい。現在は「サントピアの解体」という前衛映像を上映しているという。

https://theatre.washingtown.jp/index.htm

この看板は,サントピアに実際に据え付けられていたもので,ここに移設してきたという訳だ。どうりで建物に対して看板のスケールが狂っている訳だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001842j:plain

この看板,縦板壁の部分は「作られた歴史」ではあるのだが,文字そのものは実物であるし,なんといっても高層階に据えられていた看板なので,スケールがデカい。その威容にはただただ圧倒された。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001832j:plain

路地の反対側には飲食店。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001630j:plain

この路地を案内してくれた猫に感謝である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001848j:plain

すぐ近くには旅館「末広館」。

 

f:id:anachro-fukurou:20210616001853j:plain

少しモダンな佇まいの蔵の横を抜ければ,50号線に抜ける。

これにて駅近くの散策を終了。その3からは,西に2kmほど離れた大工町の界隈を散策する。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ