梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

長崎散策(1):日新ビル,岩永市場ほか。

朝の陰翳。 2022.08.02 長崎

 


8月2日(火),長崎出張当日の朝。集合は昼過ぎなので,午前中は軽めに散策をする。

▼前日の八女福島散策はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

朝8時半すぎにホテルを出発するという,のんびりとした行程。夜行で発ち,2日がっつりと散策をしたので,今日は少しばかり省エネである。

長崎の散策は2年ぶり。2年前は薄暗い秋雨の朝だったが,今日は昨日と同じく文句なしの晴天だ。

 

まず向かった印刷会館。ここで300形を撮るのが一つの目標で,前回は20分ほど粘るも一両も来ずに断念したのだが,何と今回は到着0秒後に達成となった。唐突過ぎて構図が甘いがご愛敬。トップナンバー・301号であった。

 

確か印刷会館の反対側のビルの入口だっただろうか。

 

散策の「朝食」は日新ビルへ。

 

前回は外観しか見ていなかったが,今回は中へとお邪魔させていただいた。

 

質感。

 

陰翳の空間。

 

想像以上に複雑な平面。

 

薄暗い空間。

 

3階へ。

 

三角形の吹き抜けがあるとは驚いた。

 

大学内の雰囲気を思い出す。

 

4階への階段は行き止まり。

 

ツートン。

 

臙脂の扉。

 

水色の扉。

 

内部を堪能し屋外に出ると,午前の光が眩しい。

相変わらずこの外観は魅力的である。順光は午後なのだが。

 

そして先程の301号が赤迫へと帰ってゆくタイミングで丁度撮影成功。

 

最後に印刷会館を撮影して,散策再開。

 

中華街を掠めてゆく。

 

岩永市場。

 

旧銭湯。

 

派手な意匠が魅力的だった。

 

この道はまた後で歩こうか。

 

岩永市場の中へ,許可を頂いて入らせて貰った。

 

高円寺のガード下のような雰囲気。

 

扉の美。

 

渋い。

 

通り抜けは禁止と書かれていた記憶があるので,もし訪れる場合は正面入口側で誰かに許諾を貰うのが良いだろう。

 

その2に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ