梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

羽越本線沿線散策(14):雨の鼠ヶ関・伊呉野。

雨。 2022.08.28 鼠ヶ関

 


8月28日(日),酒田出張の前日は,心の故郷・羽越本線沿線を散策。碁石集落を散策し,勝木駅前・長濱屋旅館を発ち,鼠ヶ関へとやって来た。

▼勝木・碁石はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

下りの一番列車で県境を跨ぎ,鼠ヶ関駅に到着。

 

依然として天気は悪い。

 

アスファルトに映る駅前の風景。

 

北へ進む。

 

夏の朝,雨。

 

十字路に丸武鮮魚店。

 

その奥の建物が素敵。

 

雨に佇む。

 

公民館。

 

スーパーの跡。

 

立体的造作。

 

気になる裏道…。

 

袋小路。

 

丸武民宿。

 

湾に出る。

漁港と灯台は昨年訪れているので,今回はパスしよう。

 

再び集落に切り込む。

 

マルイ旅館。

 

商店。

 

鮮魚センター。

 

沢山の道があるので,ぐるぐると歩きまわる。面的に展開されている街は散策が大変だ。

 

木造家屋も素敵。

 

目抜き通りから駅舎を望む。

これにて駅の北側の散策を終え,南下してゆく。

 

素敵な一角との邂逅に驚いた!

 

緩やかな坂道。

 

Google Mapに出ない道が好き。

 

線路際の道に出た。

 

線路の向こうに見えるのは伊呉野の集落の東側。

 

県境を跨ぎ,村上市伊呉野へ。

新潟県最北の町。

 

鉛色の海。

 

板壁のマッス。

 

連綿と続く街,海際の道を今度は北上してゆく,どこに県境があるのかも判らない。

 

ここは確かに山形県。

 

漁村の情景。

 

目抜き通りに戻る。

 

もう一度,南下してゆく。

 

踏切横の縦板壁。

 

海岸へ抜ける道,鳥居。

 

素敵な一角。下越の他の集落と比べて建物が大きい。

 

原風景。

 

ガードレール,電線などを脳内で消せば,過去の景色を想像するのは難しくない。

 

伊呉野の南端の案内看板。

想像以上に時間を要する散策だった。ここからは府屋まで一駅分,ひたすら歩く。

 

その15(中浜)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ