梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

野方文化マーケット,コの字の狭隘商店街。

f:id:anachro-fukurou:20200705150339j:plain

Asia. 2018.02 文化マーケット
 

2018年2月某日。高円寺駅から歩いて,野方駅前の文化マーケットへ向かった。

ここも比較的近所ながら,長らく撮影せずにいた場所だったので,博論完成に向けて英気を養うための2018年冬に,機会を作って訪れた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150246j:plain

アジアンカラーのファサード,東京っぽくはない佇まいだ。西武沿線の密集具合は面白い。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150252j:plain

入ってみる。マネキンの首が3体,室外機の上からこちらを見ている。

殆どのシャッターは下りていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150319j:plain

平面は奥に細長いコの字。入口向かって左側から入り,後ろを振り返る。テントに透ける文字が妙に印象的だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150307j:plain

最奥部から振り返ると,「島」の細さが際立つ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150300j:plain

道は想像以上に狭隘で,引きが取れない。APS-Cの12mmでも苦しいのだが,奥のシャッターすれすれまで下がったところで辛うじて成立する画角は,なかなか格好良かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150313j:plain

島の全容。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150239j:plain

コの字右側の道。シャッターが下りているが,開店準備中の所も。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150326j:plain

アーケードは鉄骨。やはり屋根が掛かっていると良いなぁ…。それだけで絵になる。フェチ丸出し発言だが,いざ写真にしてみるとその魅力というのは幾らか伝わるのではないだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150333j:plain

外に出たら,何とこちら側の道は「立入禁止」だった!逆からアプローチしたので気付かず。今どうなっているかは分からないが,もし訪れる際は注意されたい。
 

この後,高円寺まで歩いて戻る。早稲田通り沿いに,工場の廃墟があった。だいぶ前から存在は認知していたのだが,この日訪れると入口のゲートに目張りがされていた。辛うじて上から,中を覗き込むことが出来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150345j:plain

線が多くて絵になるのだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150352j:plain

先日再訪した際には,解体されてしまっていたようだった。

どんなものも一期一会である。記録しなければ,記憶も薄れてゆくかもしれない,脆い物たち。撮っておくに越したことは無いなと改めて思う。

 

 

▼小向マーケットはこちらから。

▼昭和マーケットはこちらから。

▼日暮里・初音小路はこちらから。

▼丸美ストアーはこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ