梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

武蔵小山・珈琲太郎は,長居したくなる純喫茶。

f:id:anachro-fukurou:20200705183509j:plain

ビルの2階の非日常空間。 2019.11.02 珈琲太郎
 

2019年11月2日。親友と目黒で落ち合う前に,ヨメ氏と二人で何処かへ行こうと計画。目黒界隈でどこか面白いところはなかったかと記憶を辿り,思い出したのは武蔵小山の純喫茶だった。

初めて降り立つ街は新鮮だった。アナクロを名前に掲げる者としては残念な限りなのだが,武蔵小山の駅前は再開発が進んでしまった。飲食店街「りゅえる」は姿を消してしまい,その姿を拝む事が叶わなかった。ちょうどこの日は,再開発で新たに完成する商業施設のオープン直前だった。

長い長いパルム商店街をひたすら歩いてゆき,ビルの2階に目的地を発見した。吉祥寺のレンガ館モールを彷彿とさせる佇まいだ。 純喫茶の名前は「珈琲太郎」。ちょっとフザけた感じを覚えるネーミングであるが,その佇まいは真面目・王道を行く。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183524j:plain

店頭にはコーヒー豆のオブジェ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183529j:plain

店内は想像以上に広かった。透明な机の中にはコーヒー豆がぎっしりと敷き詰められていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183536j:plain

純喫茶といえば,床。良い柄,良い色で,椅子とも良く調和している。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183541j:plain

椅子もクラシカル,どれもよく磨かれていて綺麗だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183547j:plain

店内。雰囲気はクラシカル,そして広いので,居心地が良い。

ブラジルコーヒーを美味しく頂いた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183552j:plain

レジは現役。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183558j:plain

オブジェ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183604j:plain

ちょうどこちら側の客が退店したので,良いアングルを頂戴した。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705183610j:plain

 COFFEE太郎。

地元にあったら通ってしまいそうな,長居したくなる店だった。もし再訪する機会があれば,次は食事も頂いてみたい。

 

 

御徒町・丘はこちらから。

 

東中野ルーブルはこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ