梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

新庄散策(1):駅前を発ち,アーケード商店街「新庄一番街」へ。

f:id:anachro-fukurou:20220220164351j:plain

一番街。 2021.11.28 新庄市

 


11月28日(日)。新庄出張の前々日に出発し,まずは村山駅前を30分ほど駆け足で散策した。

anachro-fukurou.hatenablog.com

村山を11時頃に発ち,奥羽本線701系5500番台に揺られて新庄へ。途中,芦沢~舟形間だったか,街を外れ山間部に入ってゆく車窓を眺めていたら,アウトカーブの撮影地のような距離から列車を見送っているカモシカが見えた。ちょうどシャッターを切り終えたカメラマンの,ファインダーから目を離した直後のような目線でこちらを見ているのが,何だか面白かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164221j:plain

新庄駅に到着。良く晴れていた。ホームの端の名物「抑止すったが?」を見つけた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164225j:plain

その奥には明治期に建設された煉瓦造の車庫がある。すぐ傍らにはキハ110が居た。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164232j:plain

701系5500番台。「顔」が無く,ちょっと不自然なデザインである。

この後,レンタカー店で出発手続きを済ませてから,車はまた後程ピックアップすることにして暫く置かせていただき,街を歩く。もう暫くは雨の予報なのだが,陽射が残っていた。少しだけ散策の行程を迷ったのだが,レンタカー店を出る頃には雲が掛かり始めたので,予定通りまずは新庄一番街のアーケード方面に向かって歩くことにした。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164236j:plain

駅前の急行食堂。また後程。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164404j:plain

駅前から西に伸びる県道32号線を歩く。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164409j:plain

窓が印象的な石工所。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164414j:plain

その傍らでは,番犬のようにトラックが休んでいた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164419j:plain

石工所の西側には細い水路。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164423j:plain

水路のY字路。こういうの,好きな人は多そうだが,立ち位置がなく,あまり上手く写真に納まらなかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164247j:plain

川は続いてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164427j:plain

並ぶ商店。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164240j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220220164244j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220220164431j:plain

その隣のビルも,2~4階の窓の意匠がすさまじかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164438j:plain

北に折れ,裏道に入る。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164251j:plain

この佇まいで,そういう営業をしていたのか。執念というか欲深さというか…エネルギーを感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164448j:plain

片流れ屋根の大きなおうち。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164255j:plain

黒い狭間に白い猫。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164259j:plain

裏。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164452j:plain

ビビッド・イエロー。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164443j:plain

西側を見ると,明らかに「裏面」が見えている感じがする。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164456j:plain

32号線に戻り,四つ角にて。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164501j:plain

北に曲がる。ここからが中心街,といった雰囲気が感じられた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164506j:plain

トタニズム。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164510j:plain

3階建に5階建。立派な目抜き通りである。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164304j:plain

水色の持ち送り。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164514j:plain

このあたりで雨が降って来た。これまた予報通りではあるのだが,本当に運が無い。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164307j:plain

人目につかない所に,立派な看板が残っている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164312j:plain

味のある建具。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164317j:plain

現役の公衆電話。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164518j:plain

良い色,良い窓。親子か兄弟のような佇まいだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164321j:plain

更に北に進めば,アーケード商店街が見えてくる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164325j:plain

それも,道の両側にである。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164523j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220220164329j:plain

そう,ここは新庄一番街。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164336j:plain

雨脚があまりにも強くなってきた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164332j:plain

流石にカメラを守り切れそうにないので,信号を渡り,屋根の下に入ろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164340j:plain

ずらりと並ぶ柱たち。所々で雨漏りをしていたが,木更津の「ノーガード屋根」と比べればなんてことは無い。

すぐ右側の純喫茶「街路樹」は本日貸切ということで入る事ができなかった。ここで軽食をとりつつ雨をやり過ごそうと考えていたのだが,計画が狂ってしまった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164343j:plain

より美しい あなたに。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164527j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220220164532j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220220164536j:plain

殆ど人影は見られない。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164541j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220220164545j:plain

隠れミ●キー。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164553j:plain

アーケードの切れ間を駆け抜けて,次の区間へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220220164347j:plain

消失点。

もうまもなく,アーケードの北端である。

 

その2へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ