梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

センシュアス・シティ、大井町(3):東小路&平和小路,2016年の記録。

f:id:anachro-fukurou:20210822151409j:plain
濃密な路地空間。 2016.11.26 大井町
 

2016年11月26日(土)。研究室関連の議事録取りの仕事の前に,大井町の街を撮り歩いた。

▼2020年の記録はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

この頃の自分は,まだそこまで街の撮影を趣味の中心に据えていた訳ではない。もっとも,今も必ずしも「主」たる被写体を決めずに色々と手を伸ばしているのだが(スペシャリストになれないというコンプレックスは,それぞれを継続することによりいよいよ打ち破ることができてきた),当時は被写体の減少による鉄道趣味の終焉を感じながら,廃校,木造アーケードやスナック街に積極的に足を運ぶようになっていた。

見返してみると非常に拙い写真ばかりに思えるが,或いは現在に至っても大して進歩していないようにも感じられて虚しいものである。嘆いていも仕方がないので,現在の感性で少しばかり現像で手を加え,記事に纏めてみよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151344j:plain

いよいよ12月が目前に迫り,人々の装いは少しずつ厚みを増してくる季節。ある晩秋の曇天の土曜日,夜の街の夕暮れ時。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151349j:plain

赤提灯,黄昏。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151354j:plain

この日は残念ながら入店する時間は無かった「ブルドック」。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151404j:plain

2020年に再訪が叶って良かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151414j:plain

東小路にて。注意深くディテールに目を凝らすと,老齢の建物の表情が浮かび上がってくる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151419j:plain

すずらん通りを渡り,平和小路へ。狭い路地を郵便配達がすり抜けてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151438j:plain

小さな店が並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151430j:plain

ジェンガのような建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151448j:plain

1階は美容室である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151504j:plain

幼少の頃を想う。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151444j:plain

路地はやはり縦構図。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151509j:plain

パブ そてつ。仕事を終えた後に歩いたところ,灯りが点っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151424j:plain

閑寂の土曜日。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151453j:plain

平和小路はかなり暗かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151458j:plain

住宅街と飲食店街の境界。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151514j:plain

さて,ふたたび東小路へ。すっかり夜の帳が下りた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151519j:plain

豚さんの愛嬌。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151524j:plain

宵闇に一際目立つ,紅白の看板。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151529j:plain

もう1本の道へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151534j:plain

まだ時間が浅いからか,また今日が土曜日だからだろうか,人通りは多くなかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151539j:plain

夜の始まり。これから一つ一つ,看板に明かりが灯るのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151544j:plain

裏も表もない,それが路地。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151549j:plain

踏み入るのを躊躇うような路地の向こうに,トイレがある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151554j:plain

角を曲がると線路際の道に繋がる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151602j:plain

朱色の番人。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151607j:plain

心細い夜。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151651j:plain

酒場の跡。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151657j:plain

この一角は2020年探訪時には解体されていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151612j:plain

この辺りは,ぜひ2階の窓から見下ろしてみたいものだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151617j:plain

煩い看板が数多く見えてくる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151623j:plain

見上げれば「朋友」。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151629j:plain

大井町随一の濃密な空間。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151635j:plain

看板の圧が強い,強い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151641j:plain

色気のある街。

 

f:id:anachro-fukurou:20210822151646j:plain

東京の夜はまだ始まったばかりである。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ