梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

有楽町・新橋ガード下(1):有楽町高架下センター商店会,有楽コンコースほか。

f:id:anachro-fukurou:20210828114536j:plain

高架下。 2016.10.16 有楽町

 


2016年10月16日(日)。くはね氏と3ヶ月ぶりに予定を合わせ,さくっと撮影へ。前日まで特に予定を固めていなかったのだが,めぼしい貨物列車も見当たらなかったので,15時に東京駅で集合。新橋で佳肴にありつくまでの間,ガード下を歩くことにした。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114457j:plain

まずはガード下の「オブジェ」のような橋脚。リベットが年齢を語る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114502j:plain

駐車場のようなデザインが目を引く。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114507j:plain

仄暗い「穴」を歩く。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114512j:plain

封じられた横穴。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114517j:plain

丸三横丁は平日午前中しか開かないのだったっけ。健在だろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114522j:plain

ガード下のマグロ屋。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114526j:plain

パース。コンクリートブロック壁が見える。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114540j:plain

長いトンネルを抜けると,ここは有楽町のガード下。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114531j:plain

店舗は歯抜けになっている。もしかすると風前の灯火なのかもしれない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114546j:plain

駅前には埃だらけの,隙間のような通路もある。これが天下の東京駅の隣駅の姿。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114551j:plain

百果園。歌舞伎町の入口の店舗も狭小な間口が印象的だが,有楽町店も負けていない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114555j:plain

シルバーのコンコース。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114600j:plain

「丸の内」や「銀座」とは縁のなさそうな風貌の人々が,昼下がりから管を巻いているのが印象的だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114606j:plain

このあたりは蒐集してきたものだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114611j:plain

とはいえ,まじまじと見てしまう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114616j:plain

空間そのものは本物で,掲示物そのものも本物だから,当然ながら絵力がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114621j:plain

Facebookにアップした際,ものすごい勢いでタグ付けを要求されたのだったw

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114625j:plain

YとKを失くした有楽コンコース。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114630j:plain

この上をスカイブルーの103系が走っていた頃を,僕はぎりぎり知っているような,知らないような。「東京のでんしゃずかん」といったかな,幼少の頃に好きだった本では紹介されていたような気がする。京浜東北線からの103系の撤退は早かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114634j:plain

次なるガード下に切り込んでゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114639j:plain

狭い路地に,客引きが数人。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114707j:plain

黒と朱と。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114712j:plain

平日はきっとサラリーマンの味方である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114644j:plain

そんな飲食店街を突き抜けると,あたりは突然「暗転」。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114648j:plain

このような「亜空間」はこの頃から大好物である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114653j:plain

反対側に抜ける。人通りは無い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114657j:plain

微かなスリル。

 

f:id:anachro-fukurou:20210828114702j:plain

ゲテモノ食いは今も変わらず。このあたりの空間は現存しているのだろうか。

 

その2へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ