梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

北九州・木造アーケード(11):貞元市場,時間軸の狭間にて。

f:id:anachro-fukurou:20201129122028j:plain

美しき残滓。 2020.08.22 貞元市場

 

8月22日。早朝から動き始め,時間の許す限り北九州市の木造アーケードを巡る一日である。到津市場,筑豊商店街,枝光中央商店街,前田中央市場・堀川市場に続き,国道3号線沿いの貞元市場にやって来た。

anachro-fukurou.hatenablog.com

幅広の木造アーケードは,被写体として優秀で,構図のバリエーションが極めて多い。まだまだ撮影を続けてゆこう。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122114j:plain

このトーンがたまらなく好きである。これだけの広範囲の壁面を一度に画角に納められるのは,幅広の貞元市場ならでは。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122118j:plain

緩やかな傾斜の屋根,シンプルな束に母屋が載る。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122033j:plain

目線を落として,時間軸の狭間に取り残されてしまった愛らしい被写体と,対話を試みる。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122038j:plain

天ぷらの文字が残る。躯体の歪みは,さほど大きくはない。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122042j:plain

数年前は現役だったようなのだが,この日は少なくとも営業する気配は感じられなかった。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122046j:plain

さらに広角で狙えば,迫力が増す。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122051j:plain

こういった市場に冷凍食品の看板が出るのは,少し珍しいだろうか。類例を見た記憶があまり無い。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122055j:plain

定休日ではないが,生気は感じられない。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122100j:plain

縦構図はちょっと間延びしてしまうのだが,一応トライしておいた。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122105j:plain

中心からは横構図,これが定番の「美味しさ」である。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122110j:plain

鯨肉の店舗は当たり前のように存在していたのだが,平成生まれの自分には馴染みの無い存在であり,それだけでついついレンズを向けてしまう。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122147j:plain

最奥部には後補のエレメントが多く,全体として継ぎ接ぎだらけである。 

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122152j:plain

人の気配は有るのだが…相変わらずの静寂に包まれていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122124j:plain

さて,3号線側に戻る。名残惜しいが,最後に広角横構図で, 撮り納めだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122142j:plain

たかだか十数平米の「準廃墟」なのだが,とても味わい深く,撮り応えのある空間だった。

若松散策その1(大正町商店街・えびす市場前編)へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ