梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

羽越・磐西撮影旅行(12):笹川流れ,巨岩と日本海の不思議な色彩。

f:id:anachro-fukurou:20200211204622j:plain

巨岩と綿雲。2020.01.12 笹川流れ

 

その11より。

羽越本線のこの区間は,特に日中は鈍行列車の本数がかなり少ない。午後の列車まで少し時間があるので,折角だから笹川流れの海岸を歩こう。この区間の景色は何回眺めたか分からない。もはや岩の配置まではっきりと記憶している程である。

 

f:id:anachro-fukurou:20200211204648j:plain

 

波打ち際に巨岩が転がっているだけで不思議だというのに,冬の海は空を映して異様に明るく,さらに南からの淡い陽光が岩を橙色に染めはじめたので,あたりは未だ嘗て見たこともないような色調となり,まるで合成写真を見ているかのようだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200211204642j:plain

自分の視覚に違和感を覚える瞬間というのは,稀であり,とても面白いものである。その違和感に忠実に撮影する。

 

f:id:anachro-fukurou:20200211204636j:plain

空の明るさとは対照的な,岩に砕ける波濤の激しさ。

その砕ける一瞬を撮った後,砂浜を暫く歩いてみる。

 

f:id:anachro-fukurou:20200211204629j:plain

空は明るく,海もはっきりとした色を呈しているが,雲は強風に煽られて不思議な立体感をもって浮かんでいる。しかし遠い粟島の輪郭ははっきりとしており,絶妙なちぐはぐさである。日本海はいつも表情豊かである。今回こうしてまた新たな表情を知る事が出来て,とても嬉しく思う。

 

f:id:anachro-fukurou:20200211204608j:plain

こうして,1月にしては暖かい砂浜で,少しばかりゆっくりとした時間を過ごしたのだった。

1時間ぶりに車のもとに戻り,乗り込もうとすると,軽トラックが一台,今川側から対向車線を跨いで我々の居る駐車帯に停車した。窓を開けてこちらに話しかけてくるので何だろうと思ったら,なんと昨晩,越後寒川駅で831Dの撮影をご一緒した地元のおじさんだった。そういえば確かに,昨日見たトラックだ。今日も1日撮影に動き回っていることを伝える。去り際に「Facebookをやっているか?」と尋ねられたので,Twitterで繋がった。もしかしたらこの後の撮影の最中,またどこかで会うこともあるのかもしれない,などと思いつつ,我々は345号線を南へ,おじさんは北へと進路を異にした(実際この後,この方にお会いすることは無かった)。旅先の出会いはいつも記憶に深く残るものである。

 

f:id:anachro-fukurou:20200211204558j:plain

 

 

その13へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ