梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

和田岬線の朝(2):103系,色濃い朝陽に照らされて。

f:id:anachro-fukurou:20200401223702j:plain

朝の霞。2019.11.19 和田岬

 

一番列車は和田岬駅に到着。 

anachro-fukurou.hatenablog.com

 

末端駅での停車時間は短い。次なる客を迎えに,兵庫駅に帰らなければならないのだ。3分程度の停車時間のうち,撮影に既に1分半ほど使ってしまっている。全力で走り,兵庫駅側の踏切に先回りして,上の一枚を撮影する。たちまち警報機が鳴り,遮断機が下りる。愛すべき古参車両が,すぐ目の前を力強く加速しながら通過していった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200401223714j:plain

老兵は今日も,黙々と仕事をこなす。

 

f:id:anachro-fukurou:20200401223724j:plain

山裾の街,神戸。朝の色濃い光に照らされて,秋の空気の中を力走していった。

 

次は兵庫運河を渡る2本目の列車を,材木橋から眺めることにした。 

f:id:anachro-fukurou:20200401223729j:plain

淡い朝の青空の下,スカイブルーの帯が引かれた。車内の混雑がよく見えた。

ここから再び走って移動し,川崎重工に勤める人々が多く利用する踏切まで移動。折り返し列車は光線を優先して,後追いで撮影した。

 

f:id:anachro-fukurou:20200401223736j:plain

鋼鉄車の存在感と質感が,実に良い。「これだ,これだよ」と思わず呟いた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200401223744j:plain

再び兵庫駅に,次なる乗客を迎えにゆく。朝の仕事はまだ始まったばかりだ。

 

その3に続く。

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ