梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

会津若松散策(2):西若松駅近辺を歩く朝。

重厚感と愛嬌。 2022.10.29 会津若松

 


10月29日(土),喜多方出張の翌日。会津若松を散策する。

▼その1(前夜)はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

この日は6時頃に起床。パンを食べ,早々にホテルを発ち,荷物をフロントに預け,まずは列車に乗り込む。

 

たった二駅だが,西若松駅で下車。

 

ここから北,七日町駅方面に戻りながら,散策を開始する。

 

県道328号を北上する。

 

飾り気はないが,立派な商店が散見される。

 

程なくして,とんでもないオーラのある物件に出くわした。

 

素晴らしき折衷様式かな…この造りはなかなか類を見ないのではないか。

 

ぐいぐい北上。

 

お目当てはここ,林合名会社の近代建築だった。これを下調べで見つけていたので,今回わざわざ西若松から散策を始めたのだった。

 

彫りの深い表情。

 

重厚感と愛嬌が共存する,素敵な建物だった。

 

信号で右折し,東へ向かう。

 

此花酒造・会津酒造博物館,どうやら閉業している様子(真偽不明)。

 

踏切を渡り東へ。

 

トタン葺きの家屋が多い。

 

阿賀川の支流(名称は「湯川」だろうか)を渡る。

 

凄い造作の屋根を見た。

 

本町通りを北上。

 

道に囲まれた三角形の土地に立つ,その名も三角屋。

 

其処の道で東に折れてみる。

 

風変りな洋館との邂逅。

 

窓周りの造作,うっすらと緑がかった灰色に目が行った。

 

裏手,あるいは表側か。

 

スコッチガード。

 

そのまま東へ歩いてゆく。

 

北上し,諏訪神社へ。

 

朝の参拝。

 

西に抜け,本町通りへと戻る。

その3に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ