梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

柳津町散策(1):中心街の北側を歩く。

良いカーブ。 2022.10.29 柳津町

 


10月29日(土),喜多方出張の翌日,午前中は会津若松をたっぷりと散策してきた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

昼すぎに車を調達し,一路,柳津町へ。

午後の天気予報は芳しくなく,ひょっとすると会津若松か喜多方に居るほうが良かったかもしれない(日中線の廃駅に行く手も考えていた)のだが,それでも惹かれるようにして西を目指した。

 

会津柳津駅に着くと,小雨が降っていた。

 

駅には随分と人だかりが出来ていた。全線復旧開通してまだひと月も経たない時期だったこともあり,ただでさえ本数・両数の少ない列車は大混雑だったようだ。

 

駅は小高い場所に建っている。

 

南に向かう。

 

筆者と同世代のバスが通って行った。

 

裏道の湯殿山。

 

駅前の通りと国道の間の道。

 

線路際の路地。

 

ワープして,圓蔵寺方面から北上する。

 

会津らしさ。

 

良い道だ。

観光客の姿もちらほら見える。

 

金坂,食事処か。

 

カーブ。

 

階高もあり,屋根勾配の急な,立派な家屋だ。

 

栄川。

 

圓蔵寺。

 

旅館のある中心街の入口。車も多く,人の往来もかなりある。なかなか繁盛している。

 

柳津橋。

 

再びワープして,会津信用金庫付近から南下。

 

妻壁の化粧材の美しさ。

 

旧道の風格。

 

晩秋の色。

 

東側に抜ける路地。

 

熊野神社。ストリートビューと社殿がかなり異なっているが,新しいのか,或いは移築か。

 

褪せた消火栓。

 

裏道を北へ。

 

銀山川を渡る。

 

新町甲。

 

石田屋の隣の猫さんは,何か恨めしそうな声で鳴きかけてきた。

 

門前町甲。

 

坂の上に蔵があった。

 

秋の色。

 

東に折れ,奥之院へ向かう。

 

その2に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ