梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

五能線キハ40,最後の秋(8):夕冷えの北金ヶ沢,小俯瞰。

f:id:anachro-fukurou:20210323093252j:plain

秋の夕べ。 20.10.30 五能線 北金ヶ沢陸奥柳田

 


2020年10月30日(金)。鶴泊~板柳で朝練。午後は鳴沢~鰺ケ沢と驫木追良瀬で2828Dを迎えた。その折り返し・2835Dは,驫木駅発車のストレートで撮影した。

▼午後の撮影はこちらから 

 

続いて,この2835Dを追い掛ける。車に戻り,東へ。千畳敷の駅で,ちょうど列車が停車している横を通過し,追い越すことが出来た。一瞬でも並走できるとワクワクするものだ。当初は鳴沢方面まで先回りして迎え撃つ計画だったのだが,比較的早い段階で先行することができたので,北金ヶ沢陸奥柳田の,最も北金ヶ沢駅寄りの陸橋で待つことにした。線路際,海側は草が多くて足回りが隠れるため,山側からの撮影となる。日没の40分ほど前,既に太陽は一日の役割を終えてしまったようで,まだ15時台だというのに辺りは寒々しい青白色に変容してゆき,夜を迎える支度をはじめている。これが秋の儚さである。そんな中,北金ヶ沢駅に停車する車両のヘッドライトが見えたので,慌てて撮影準備をしたのだが,2835Dはリゾートしらかみと交換するために数分停車するのだった。散歩中のお姉様に挨拶し,「ちょうど列車来るんですよ~」などと言葉を交わした後,まずは背後からの橅編成を後追いで撮影した。

 

f:id:anachro-fukurou:20210323102315j:plain

橅編成が通過していった。

その数分後,満を持して本命のキハ40を迎えた。

  

f:id:anachro-fukurou:20210323102320j:plain

冷たい秋の夕べ。小学校の校舎を背に,小俯瞰。

 

f:id:anachro-fukurou:20210323093258j:plain

秋の森に飲み込まれていった。 

 

その9(鳴沢駅,黄昏の寂寥感)へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ