梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

遠州・森町(3):仲町商店街の裏路地ほか。

f:id:anachro-fukurou:20210928181551j:plain

素敵な裏路地。 2021.09.11 静岡県森町

 


9月11日(土)。3ヶ月ぶりの出張の翌日,朝6時すぎにホテルを抜け出し,掛川の街を散策した後は,天浜線遠州森駅へ。駅の北東にある中心街から,仲町商店街を散策してきた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,仲町商店街の中央通りから北に伸びる目抜き通りの1本西に,雰囲気の良さそうな裏路地があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181159j:plain

畳屋。1階は住宅として現役で,テレビがついていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181555j:plain

疊。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181603j:plain

この街で最も雰囲気のある建物だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181559j:plain

畳屋から,路地を北へ。左の家の窓ガラス越しに猫と見つめ合った。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181203j:plain

引きが取れず全景は写せなかったが,この狭い路地に手の込んだ意匠の写真館があったのには驚いた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181207j:plain

次の十字路には美容室。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181211j:plain

薄いピンクの意匠が実に独特である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181612j:plain

洒落た看板。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181607j:plain

街の古さを感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181215j:plain

路地を南に戻る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181219j:plain

丸窓のあるこちらの建物,嘗ては店舗だったのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181616j:plain

緩やかにカーブする。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181223j:plain

建具の印象。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181620j:plain

裏路地感。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181227j:plain

蔦に覆われた石蔵。

ここから南に抜けると,その2で紹介したスズキ理容の辺りに出るという格好である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181306j:plain

目抜き通りの一本東には,スーパーの廃墟があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181311j:plain

ここはGoogleマップ曰く劇場の跡らしい。どうやら「中央劇場」という映画館の建物を転用したスーパーだったようである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181709j:plain

奥行方向にも大きい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181315j:plain

褪色した壁。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181713j:plain

ちなみにこのスーパーのすぐ南には,遠州森町のバスターミナルがある。数台のバスが留置されていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181717j:plain

目抜き通りを北上してゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181318j:plain

平屋の住宅が並ぶ一帯。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181323j:plain

簡単な下調べの際,この辺りに年季の入った商店建築を見付けていたのだが,残念ながら解体され更地になっていた。かなり期待していたので残念だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181327j:plain

皆様の店。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181332j:plain

商店街の中心部からだいぶ離れてきたが,まだまだ商店がある。この街の大きさを感じさせられる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181721j:plain

太田川の支流を渡ったところで,突如として大粒の雨が降って来た。前日まで予報に無かった突然の雨だが,思い返せば仲町商店街に着いた頃から空は暗かった。雨雲レーダーを見ると暫く止みそうにないので,写真右手に見えている家の軒先で雨宿りをする。かなり本降りになってしまい,傘を持っていなかったので,そのまま動けなくなってしまった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181336j:plain

当初の計画では更に1~2kmほど歩いて城下の街並みまで見に行く予定だったのだが,この行程をがっつり短縮せざるを得なかった。小降りになったところで,まずは隣の建物を撮影。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181725j:plain

壜・缶詰。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181339j:plain

雨に降られつつ,レンズを守りながら,もう少しだけ散策を継続。支流の北側にもまだ商店がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181729j:plain

割烹旅館・新屋。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181344j:plain

営業している気配はない。2019年に廃業したというネット情報があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181732j:plain

またもや本降りになってきたので,茶屋の軒先で再び雨宿り。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181348j:plain

点在する商店を撮影しながら,駅とは反対方向に歩き続けた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210928181737j:plain

この写真のガードレールのあたりが木陰になっていたので,ここに軽く腰掛けること20分。最後は野晒しのバス停に移動し,雨に濡れながら1日4本のバスを待った。地元の方が車を停めて拾おうとして下さったが,ちょうどバスが来る時間を回ったところだったし,こちらは東京から来た外様なので,お断りさせていただいた。有り難い話である。バスは結局3分遅れてやって来た。こうして遠州森町の散策は,半ば消化不良の格好で幕を閉じた。

 

その4(戸綿駅前の街並み)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ