梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

雨の那珂湊(2):3色のスナック街,路地,四郎介稲荷神社。

色鮮やか。 2022.01.11 那珂湊

 


1月11日(火)。年始一発目の水戸出張を終えた。前日の常陸太田散策の疲労は確かに蓄積していたが,那珂湊の散策を決行。駅前,釈迦町から山ノ上町へと移動してきた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

那珂湊天満宮の東側に,今回の散策の一つ目の目的地がある。

 

坂の横に,少し色気のある雰囲気の建物が,じっと鎮座している。

 

ラベンダー色の壁。

 

ここは小さなスナック街。正面入口に回ると,看板の殆どが外されていて,ネット情報で見ていたよりも随分とさっぱりとした印象だった。

 

この3色を見に来たといっても過言ではない。ちなみにこのラベンダー色,青色が褪せたとの情報もあるが,真偽の程は如何に。記事2枚目の坂の横の建物も,同じ色だったのだろうか。

 

右手の家からは少し人の気配が感じられた。

 

駅から少し遠い場所に,今なお息衝く,夜の街。

 

小学生の下校の時間にかち合ってしまった。こういう時の立ち回りは難しい。

この趣味は基本的に誰も幸せにならない。いや,そもそも趣味などというものは往々にして,自分以外の誰かを幸せにするようなものではないのだ。この日に限って言えば,ひたちなか海浜鉄道に数百円を落としただけである。

 

ENVY.

 

次なる路地へ。

 

一光。

 

元町通りに出た。

 

黒目がぐるぐると回る看板。

 

元町通りの1本北の道へ。

 

足尾神社,四郎介稲荷神社の境内へ。

 

丸亀の一寸島神社の参道ほどではないが,境内のすぐ隣に古びた家が残る。

 

錆を背負う狐。

 

雨はかなり小降りになってきた。

 

こちらが正面の参道。

 

向かいの建物。

ただでさえ薄暗い一日,日没が少しずつ近付いてきているので,駆け足で残りの街を巡ろう。

 

その3へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ