梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大牟田・荒尾散策(5):三池炭鉱万田坑跡,第二竪坑巻揚機室。

巻揚機室。 2022.07.31 万田坑

 


7月31日(日),長崎出張の前々日。陸路で大牟田に入り,レンタサイクルで早鐘眼鏡橋,三池炭鉱宮原坑を見学。その後は専用鉄道の遺構を巡りながら南下し,万田坑跡に来た。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

職場,第二竪坑坑口を見学し,順路を巡る。

 

ぐるっと一周。

 

野晒しのディテール。

 

汽罐場跡の裏側にあたるだろうか。

 

軌条が残る。

 

巻揚機室まで来た。

 

これもケージだろう。

 

中へ。

カメラを守りながら歩いていたら不覚にも壁に腕を擦り,久々に瘡蓋ができた。

 

蒸気で動く「ジャックエンジン」という小型のウインチ。

 

ここが蒸気のシリンダーか。

 

上階へ。

 

陰翳。

 

壮観だ。

 

ああ鉄骨ブレース,仕事目線で見てしまう…。

本当は三つの窓が並んでいて,綺麗だったのだろう。

 

雰囲気は伝わるのだが,全体的に説明が少ない。

 

見下ろす。

 

手動ブレーキ,と書かれている。

 

メーターはすべからく良い。

 

ボルトの赤色がアクセサリーのよう。

 

遺産になりてなお,漲る力。

 

 

数多の命を,この綱が預かって来た訳だ。

 

室内の窓から,配電所を遠望。

 

「第一鉱」の文字。

 

なかなかに壮観だった。

 

倉庫,ポンプ室,安全燈室,浴室の修理工事が終わったら,また見に来ようと思う。

 

その6に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ