梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

福島県田村市(3):船引町の旧歓楽街「すずらん通り」の街並み。

f:id:anachro-fukurou:20210628180837j:plain

すずらん通り。 2021.06.16 田村市船引町

 


6月16日(水)。郡山での出張調査の前日に,福島県内を散策。磐越東線大越駅の南側の名も無き商店街,磐城常葉駅前に続き,船引の街並みを歩いている。

▼その1はこちらから。 

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,元のT字路に戻り,磐越東線船引駅方面へと歩いてゆこう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628002449j:plain

船引駅へと続く,県道172号線。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628181008j:plain

引き続き2灯の街灯が並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628181015j:plain

道幅は広い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628180748j:plain

昭和フォントが並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628180753j:plain

凝った意匠の看板建築,ペントハウス付。良い並びだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628181020j:plain

大滝根川を渡る橋にて。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628181025j:plain

来た道を振り返る。山裾の街並みは美しい。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210628180758j:plain

デイケアサービスから帰宅する老人の後を歩き,橋の南で住宅街に切れ込んでゆく道を西に進むと,雪国仕様の佇まいの古家があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628181036j:plain

細い橋で大滝根川を渡る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628181030j:plain

普段は美しい川面が見られるのだろう。 この日は濁流…。5年前に飯坂温泉に行った際もこんな天気だったことを思い出す。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628180804j:plain

突如として居酒屋が姿を現した。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628181041j:plain

そして川の北を東西に沿う「すずらん通り」に入る。変わった形の黄色い街灯が,妙に艶っぽい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628180809j:plain

そしてこの街は,国道沿いとは異なり,色が多い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628180814j:plain

天婦羅屋 三鈴。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628180819j:plain

スナックの跡か。扉も塗色も凝っている。黄色の街灯の差し色がニクい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628180826j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210628181059j:plainBAR シャトー。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628180831j:plain

ここも恐らくは店舗だったのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628181053j:plain

すずらん通りはどうやら,船引の街の小さな歓楽街の中心だったようだ。この辺りで飲食店街は終わるので,来た道を引き返す。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628181047j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210628181104j:plain

18禁の天ぷら屋。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628180843j:plain

想像以上に「豊作」で驚いた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628180849j:plain

先程渡ってきた橋を右手に見る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628181110j:plain

「ジョッキー」は,今なお現役のようだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628181115j:plain

県道に戻って来た。雨上がりの質感が美しい…。

 

f:id:anachro-fukurou:20210628181121j:plain

そして駅方面に向かう道は大きく左にカーブする。その両側に建つ建築物が実に美しいのだが,長くなるので次の記事に回すとしよう。

 

その4(船引町の妖艶なカーブ)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ