梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

土浦散策(6):桃色の空の下,旧真鍋宿の街並み。

f:id:anachro-fukurou:20220108224318j:plain

桃色の空。 2021.10.17 土浦

 


10月17日(日)。水戸出張の前日,土浦散策を決行。桜町の歓楽街,川口ショッピングセンター MALL505,土浦名店街などを巡り,看板建築群を撮り歩きながら駅西口を北上してきた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

引き続き本町通りを北上してゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224212j:plain

暗渠のような雰囲気の道。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224216j:plain

ナショナル自転車の赤い看板,錆の浮いた理容室の建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224220j:plain

控え目な塗色ながら存在感のある街灯と。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224335j:plain

理容うちの。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224339j:plain

2階の建具が素敵な建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224343j:plain

左に折れ曲がる道の突き当たりには,少し風変りな病院建築があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224224j:plain

右折し,真鍋宿通りに入る。道なりに左カーブを曲がってゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224347j:plain

パッチワーク。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224351j:plain

建具店。良い色だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224227j:plain

気付けば薄日が強くなってきている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224355j:plain

浅い西日が,棟瓦を黄色く照らした。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224231j:plain

その刹那,水平線近くの雲が切れ,強烈な光線となった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224400j:plain

雲っていた日ほど,夕焼けはドラマティックになる。夕方晴れ男の底力見たり。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224235j:plain

錆色と夕雲と。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224404j:plain

向かうは旧真鍋宿の街並み。少しずつ出桁造の建物が現れはじめた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224239j:plain

信号を渡ると坂の西側の街並みから,宿場町の雰囲気が感じられる。駆け足で撮影し,先を急ぐ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224413j:plain

鼠色と橙色を混ぜたような空。日本海側で見た色に近い。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224417j:plain

薄い店。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224422j:plain

急勾配に建ち並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224244j:plain

夕焼けがクライマックスに差し掛かろうかという所で,本日最後の目的地に到着した。間に合った…。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224248j:plain

藤本蠶業株式會社支店。まさに10文字,この看板ありきで設計されたかのような意匠である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224253j:plain

側面。生活の営みは,途絶えてしまったようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224426j:plain

正対。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224257j:plain

桃色の夕空を背に,銅製の雨樋。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224430j:plain

窓ガラスから中を覗く。廃墟と化してしまっているらしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224434j:plain

すぐ隣の蔵も十分に魅力的だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224301j:plain

それにしても幻想的な空である。橙色から桃色へ,刻々と変化してゆく。夕暮れ時のホワイトバランスの調整は慣れたものである。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224305j:plain

艶やかで,不思議で,そして幾許かの儚さと憂いを感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224309j:plain

世界がすっかり桃色に染まってしまったかのようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224438j:plain

日没を過ぎ,残照の時間。空が燃えている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224314j:plain

刻々と変わる色調を見たままに記録してゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224442j:plain

遺族の家。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224446j:plain

電話三七九番。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224322j:plain

桃色は一瞬のうちにピークを越え,徐々に力を失いつつある。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224450j:plain

今日が終わってゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224326j:plain

視界の赤さが薄れてゆく。ブルーモーメントの足音が聞こえる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224455j:plain

空を撮っているのか,建物を撮っているのか,そんな問いは問答無用で棄却する。この空を背にこの建物を眺めることに意味と価値があるのだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224459j:plain

夕空への惜別。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224330j:plain

桃色の呪縛から解放されたかのように,世界は平静を取り戻し,そして光を失う。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224503j:plain

ちょうど街灯が点ったところで,この建物にも別れを告げた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224507j:plain

鼠色の帰り道。

 

f:id:anachro-fukurou:20220108224511j:plain

交差点で西を見れば,上空の風に千切られた黒雲が幾重にも連なり,その向こうには鮮やかな橙色の空が広がっていた。

すっかり暗く寂しくなった真鍋宿通りを歩き,土浦駅方面へと戻る。ただしホテルに直帰しないのがフクロウ流。もちろん,夜の街の表情も見て回る。

 

その7へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ