梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

木更津散策(1):富士見通りのアーケードと閑寂の街並み。

f:id:anachro-fukurou:20220104114833j:plain

錆と翳。 2021.10.22 木更津

 


10月22日(金),君津市の仕事現場の検査に向かう。今回は終始単独行動である。13時に現地集合という余裕のあるスケジュールだったので,少しだけ早く出発し,木更津市街を散策することにした。中野でレンタカーを調達し,不慣れな首都高とアクアラインを走り,一気に木更津へと渡る。ほぼ渋滞も無く,10時半頃に木更津駅西口の立体駐車場に車を停めた。ここから1時間半ほどの散策で,見所をざっくりと網羅してゆく。

しかし何と,今日もまた雨降りである。数日前の土浦散策でも派手に降られているのでうんざりである…。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114814j:plain

折れかけた心を何とか保ちながら,傘を左手,カメラを右手と首に,散策を始める。まずは富士見通りの寂れたアーケード商店街がお出迎えである。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114818j:plain

風もあるので,早々に広角レンズが雨に濡れた。心が蝕まれる…。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115000j:plain

木更津Japan美容室。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115004j:plain

こちらは閉業したパチンコ店。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115008j:plain

アーケードの継目,パチンコアポロの看板。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115012j:plain

そのアポロの矢印が示す方の道に折れる。ここは「与三郎通り」と呼ばれているらしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115017j:plain

立方体のような建物が。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114822j:plain

風俗営業(バー)の鑑札があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114825j:plain

緑に囲われながら,静かに余生を送っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114829j:plain

雨に関係なく,人通りの疎らな道のようだ。そもそも散策を始めてからずっと,人の気配が殆ど感じられない。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115021j:plain

更地も多く,店舗も廃業したものが多そうな印象だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115025j:plain

田面通り(たもどおり)に,大開口を誇る長屋ビルがあった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115030j:plain

時計店などは廃業している様子。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115034j:plain

蕎麦屋「森田屋本店」は営業中だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115038j:plain

街並み。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115042j:plain

少し雨脚が弱まって来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115046j:plain

魚きよ。営業中。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115050j:plain

3階から上にネットの掛けられた,鄙びたビルがあった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115054j:plain

鄙びた色が集う。

見返していて思うが,自分の写真はスマホで見るのには向いていない。PCのディスプレイに画面いっぱい表示してみると,臨場感がぐっと感じられる,そんなイメージである。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115058j:plain

さて,何料理の何楽だったのか。

SVを見ると,正解は「中華」料理の「寿」楽らしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115102j:plain

寺町通りを抜けて,富士見通りのアーケードに戻る。店舗が抜け,アーケードだけが独立して残っている虚しさたるや。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114836j:plain

中央の明かり取りが,屋根面に陰翳を生む。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115106j:plain

この辺りも屋根だけが残る。そして穴が開いているので,雨避けの意味も為さない。既に解体が決定しており,2023年度には整備が完了する計画らしい。恐らく今日が最初で最後の撮影になるだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115110j:plain

道の両側に展開される。改めて見ると,背が高くて立派な造りである。街の栄華は過去のものへ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115114j:plain

現役の酒屋。KAWAKEIの黄色い看板がグッとくる。実のところ,現地でじっくりと観察する心の余裕,時間の余裕が無く,帰って来てからここが何の店だったのか確認している始末である。まぁ力を抜くのも大切なことで,これで良かったのだと言い聞かせる。

さて,あまり時間を食わないうちに,富士見通りを西に進み,最重要目的地の近辺へと移動する。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115119j:plain

街の気配が変わる。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115123j:plain

木更津会館。県内唯一の現役の検番である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115131j:plain

妻と平が共存するようなファサードが印象的だった。詳しい説明は各所にあるので割愛する。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115127j:plain

「かなめ」の看板はぼんやり灯っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115135j:plain

色気の或る佇まい。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115139j:plain

鳥居崎通りを西に進む。一見するとただの住宅だが…

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115143j:plain

中を覗いてみると,店舗の名残があった。

この奥の一角にある木更津随一の路地が,今回の散策において最も重要な目的地である。時間もないので,さっそく切り込んでゆこう。

 

その2へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ