梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大阪・アーケード散策(3):南鴫野商店街で雨宿り。

雨宿り。 2022.04.27 鴫野

 


4月27日(水)。2年半ぶりの大阪出張が入ったので,仕事前にアーケード商店街を巡ることにした。まずは放出みゆき通り商店街,放出栄町南通商店街を歩いた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

放出から東西線で一駅,鴫野へ移動。ラッシュのピークの時間帯だったので,列車はとても混雑していた。環状線よりも混んでいるような印象だった。

鴫野で降りて南に歩いているうちに,酷い雨になった。

 

レンズを守るのに精一杯だった。

閃輝暗点を彷彿とさせるデザインで,ちょっとげんなりしたのも事実。

 

開店準備中の店を横目に,アーケードに飛び込み,濡れた傘を畳んだ。

 

存在感のある照明が美しい。

 

こういった照明が残る全蓋は,関東では殆どお目に掛かれないのだ。

 

彩度の低い色が多く存在しているのは,筆者の好みである。

 

息衝く緑。

 

広角から望遠まで,撮影が楽しい,それがアーケード商店街。

 

お揃いの看板が並ぶのも大好き。

 

鮮魚店は2つ目だ。

 

関西では,アーケードの中を自転車が颯爽と走り抜けてゆく。これもまた,関東の人間からすると異様な光景だったりする。

 

そして冷静に見ると,放出と同様,ここもアーケードの中に装テンという「二重屋根構造」になっているのだ。

 

アーケードの少し先まで店が続いている。

 

!! お買いものは !!

 

東端から圧縮構図で切り取る。

 

かしわ店。

 

まだ朝の8時半。営業開始が早い。

 

建物側面の意匠。

 

原色に近い青色が美しい。

 

最後に一枚,決めの構図で仕留めた。

 

撮影兼雨宿りの間に,雨はかなり小降りになっていた。

 

街灯は鳥のデザイン。シギかどうかは判然としないが,可愛らしい。

 

しっとりとした雰囲気の似合う一角。

 

二羽のシギに見送られつつ,商店街に別れを告げる。

 

最後にアーチを撮り,今度は大阪メトロの鴫野駅へと向かった。

その4(城東商店街)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ