梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

瀬見温泉(4):喜至楼「ひとり撮影大会」後編,角部屋で過ごす秋の夜長。

f:id:anachro-fukurou:20220305165500j:plain

角部屋。 2021.11.29 瀬見温泉

 


11月29日(月)。新庄出張の前日。肘折温泉で一夜を過ごし,新庄に戻る。当初の予定を変更し,純喫茶・街路樹でのんびりとした時間を過ごした後,13時すぎに瀬見温泉駅に到着。しばらく小国川沿いを歩いてから温泉街を散策し,念願の喜至楼に投宿した。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

部屋に荷物を置いてから,館内の撮影大会を実行。廊下を渡り,本館から別館に移動してきた(前編を参照)。引き続き館内を見て回ろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165308j:plain

炊事場の扉が開いていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165312j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220305165316j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220305165320j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220305165326j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220305165330j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220305165334j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220305165338j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220305165342j:plain

展示も充実している。これだけあると,じっくり見るのは大変だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165346j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220305165351j:plain

格子が可愛らしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165355j:plain

別館の客室へと上ってゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165359j:plain

本館に比べれば新しいが,それでも良い渋さだ。宿泊料金はこちらだと+1,000円だったか。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165403j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220305165407j:plain

青白い廊下。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165423j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220305165411j:plain

別館にも浴場がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165415j:plain

気温が下がってきたからか,湯気が充満していて,ほぼ何も見えなかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165419j:plain

つつしみましょう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165427j:plain

階段を下りよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165431j:plain

さて,概ね面白そうなところは見て回っただろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165435j:plain

撮影大会はこれにて終了。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165440j:plain

時刻は16時30分,青白い夕べ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165445j:plain

窓明かりが漏れる時間。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165842j:plain

嬉しい事に,3階の角部屋を案内していただいた。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165450j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220305165454j:plain

6畳は最高だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165505j:plain

この絶妙さ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165509j:plain

f:id:anachro-fukurou:20220305165513j:plain

ストーブをつけるとすぐに暖まるが,消すとすぐに室温が下がってゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165517j:plain

扉の上の明かり取り窓は外開きになっていた。

風呂に入り,写真の整理をしながらのんびりと過ごした。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165528j:plain

夕食は簡素なプラン。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165533j:plain

カニ

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165523j:plain

アユの塩焼きを追加した。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165845j:plain

このまま売って欲しいくらいだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165537j:plain

夕食後も外に出てみた。

あの窓明かりが俺の部屋…そう思うだけで嬉しくなるのだった。わざと電気を点けたまま降りて来たのは言うまでもない。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165850j:plain

夜長を楽しむ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220305165854j:plain

蒲団からの眺め。

そして今日の宿泊費(これだけの贅沢を味わいながら6,500円という,驚きの価格である)が経費で出るのだ…。罰が当たりそうなくらい,幸福な時間であった。

 

その5(喜至楼で迎える朝)へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ