梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

鉄道

五能線キハ40,最後の秋(19):小入川橋梁,スポットライトを浴びる。

2020年10月31日(土)。「秋の五能線らしさ」を追い求める撮影行。午前中の撮影を終え,西へと大移動。2531Dをはるばる迎えに,あきた白神~岩館,小入川橋梁を河口側から見る撮影地にやって来た。念じ続けた甲斐あってか,列車に対してスポットライトのよう…

五能線キハ40,最後の秋(18):大戸瀬俯瞰,鉛色の海にタラコの差し色。

2020年10月31日(土)。「秋の五能線らしさ」を追い求める撮影行。大戸瀬駅手前のお手軽俯瞰撮影地で,2527Dを撮影。鼠色の海の向こう,風合瀬側の山の中から,タラコが2両,後ろに五能線色を従えた3連でやって来た。鉛色の景色の中,鮮烈な朱の差し色が良…

五能線キハ40,最後の秋(17):快速列車,驫木の海岸線をゆく。

2020年10月31日(土)。「秋の五能線らしさ」を追い求める撮影行。千畳敷の秋の情景に心を洗われた後は,驫木~追良瀬の,海岸線を浅く俯瞰する撮影地へ。1日1本の快速3524Dが,緑の海の縁をゆっくりとなぞりながら,驫木駅を通過してゆく。

五能線キハ40,最後の秋(16):北金ヶ沢,清秋の朝。

2020年10月31日(土)。「秋の五能線らしさ」を追い求める撮影行。523Dは北金ヶ沢~陸奥柳田の陸橋で撮影する。昨日と同じ撮影地だが,光線状態が異なれば雰囲気も大きく変わるものである。遠くに微かに見える日本海は青く,枯れた沿線の草も暖かい色で,列…

五能線キハ40,最後の秋(15):鳴沢~越水,優しい黄葉と秋の朝。

2020年10月31日(土)。「秋の五能線らしさ」を追い求める撮影行。825Dは,鳴沢~越水の「やまなみロード」の陸橋にて,サイド気味の広角構図と後追いの望遠構図で撮影する。霧がかった朝,箱庭のような秋色の舞台を,3連のキハ40が泳いでゆく。

五能線キハ40,最後の秋(14):鳴沢駅,朝陽がくれた叙景詩。

2020年10月31日(土)。「秋の五能線らしさ」を追い求める撮影行。先回りして2823Dを鳴沢駅で迎える。生まれたての低い朝陽と,金色のススキと,引退間近のキハ40。鉄道のドラマを集約したようなワンシーンに立ち会うことが出来て,感無量である。

五能線キハ40,最後の秋(13):陸奥赤石,秋色の森を貫く一本の鉄路。

2020年10月31日(土)。「秋の五能線らしさ」を追い求める撮影行。520Dの撮影を終えてすぐ,陸奥赤石~鰺ケ沢,陸橋から俯角を付けて撮影するアングルへと移動し,2823Dを撮影。秋色の森に敷かれた1本の鉄路を,老齢の気動車が力強く駆けて来た。

五能線キハ40,最後の秋(12):朝冷えの陸奥柳田,淡く焼けた空と国鉄型。

2020年10月31日(土)。「秋の五能線らしさ」を追い求める撮影行である。未明に五所川原を発ち,陸奥柳田~北金ヶ沢間,最も柳田駅側に位置する陸橋で,上りの一番列車を撮影する。日の出から15分後,山際の空は朝焼けで橙色に,雲は薄い桃色に色付いていた。

五能線キハ40,最後の秋(11):五所川原駅,1日の終わりの列車交換。

2020年10月30日(金)。2839Dと836Dを五所川原駅で迎える。この日最後の列車交換は,とても静かだった。駅員ではなく私が,弘前行の最終列車を見送る格好となった。強く残るディーゼルの煤煙の香りを楽しみつつ,左右に揺れながら小さくなってゆく尾灯を見送…

五能線キハ40,最後の秋(10):板柳駅,一日一回の交換風景を撮影。

2020年10月30日(金)。2835Dに先回りして,板柳駅へ。駅前で道を誤り苦戦したが,無事に到着。島式ホームの中央で入線を待ち受け,2830Dと2835Dの交換風景をシンメトリックに撮影。左右両方の耳でエンジン音を感じられるのも,なかなか良い体験だった。

五能線キハ40,最後の秋(9):鳴沢駅発車,黄昏の寂寥感。

2020年10月30日(金)。北金ヶ沢~陸奥柳田の陸橋で撮影した2835Dに,鳴沢駅で追い付いた。日没15分前の薄暗い小駅,列車は短い停車時間をあっという間に終え,エギゾーストを力強く噴き上げる。ススキと私に見送られ,ゆっくり,ゆっくりと,夕闇迫る鉄路へ…

五能線キハ40,最後の秋(8):夕冷えの北金ヶ沢,小俯瞰。

2020年10月30日(金)。驫木駅のストレートから追い掛けて,北金ヶ沢~陸奥柳田の,最も北金ヶ沢駅寄りの陸橋へと先回り。まだ15時台だというのに辺りは寒々しい青白色に変容していった。リゾートしらかみを後追いで撮影した後,2835Dを迎えた。

五能線キハ40,最後の秋(7):嵐の夕刻,驫木駅を発つ。

2020年10月30日(金)。2835Dは,驫木駅のストレートの風合瀬側で待ち構える。太陽は隠れているのだが,上空の雲が薄いため,視界は鈍い橙色に染まっている。逆光気味の光線状態ならではの質感で,驫木駅を発ち風合瀬へと向かうキハ40の姿を撮影する。

五能線キハ40,最後の秋(6):驫木~追良瀬,晩秋の絶景区間をゆく。

2020年10月30日(金)。鳴沢~鰺ケ沢での撮影の後は,2828Dを追い掛けて先回りし,驫木~追良瀬間,塩見崎の南側で再び迎え撃つ。空には立体的な雲が多く,波はやや高い。海も断崖も,列車の色も,13時台の低い陽光に照らされて不思議に鮮やかだった。

五能線キハ40,最後の秋(5):鳴沢~鰺ケ沢,暖色の陽光と日本海。

2020年10月30日(金)。青森銀行記念館を撮影した後に向かった現場調査は,驚いたことに巻きで終了。急遽計画を変更し,海を背景に据えた鳴沢~鰺ケ沢のストレートの撮影地へ。列車通過直前に雲の切れ目から陽光が差し,一面を暖色に染め上げた。

五能線キハ40,最後の秋(4):鶴泊~板柳,虹と雲と国鉄型と。

2020年10月30日(金)。現場調査の前に,五能線の「朝練」。鶴泊~板柳をロケハンし,線路際の畦道で2823Dを撮影。線路脇の築堤部分の雑草は,褐色の中に赤や橙が混じっており,秋らしい装いである。後追いでは期せずして側面に東の明るい空が反映し,雰囲気…

五能線キハ40,最後の秋(3):鶴泊~板柳,嵐の後の4連&快速。

2020年10月30日(金)。現場調査の前に,五能線の「朝練」を試みる。鶴泊~板柳の,岩木山を背景に置く有名撮影地へ。嵐が去ったころ,下りの1番列車,4連の821Dを撮影。次の3524D「快速」は,黄色い光の中,陸橋から俯角を付けた構図で撮影。

五能線キハ40,最後の秋(2):未明の川部駅,鶴泊は雨。

2020年10月30日(金)。現場調査の前に,五能線の「朝練」を試みる。一番列車・822Dに弘前から乗車し,川部駅での停車時間中にホームの様子を撮影し,林崎駅付近では車窓から未明のりんご畑を眺める。目的地・鶴泊駅の直前で列車は強い雨に見舞われた。

五能線キハ40,最後の秋(1):未明の弘前駅を一番列車で発つ。

2020年10月30日(金)。前夜のうちに喜多方から弘前へ移動。10時からの現場調査の前に,五能線の「朝練」を試みる。板柳~鶴泊間の撮影地に向かうため,一番列車・822Dに乗車する。ホーム撮りをした後,自分のほかに乗客わずか1名の車内を撮影してゆく。

長崎電気軌道(3):夜を迎える古参電車たち。

2020年9月16日(水)は,長崎出張初日。長崎電気軌道のオリジナルカラーの車両を撮影。黄昏時を原爆資料館電停で過ごす。すっかり夜の帳が下りた後は,長崎駅前で引き続き撮影。流し撮りや長時間露光を交え,家路に就く人々を運ぶ古参電車を撮影した。

長崎電気軌道(2):雨後の夕刻,桜町と浦上車庫にて。

2020年9月16日(水)は,長崎出張初日。午後の打合せが想像以上に早く終わったので,朝に続き夕方も長崎電気軌道のオリジナルカラーの車両を撮影する。長崎駅前,市民会館で1列車ずつ仕留め,桜町,浦上車庫で定点観測。運用に就く200形,300形の姿を記録…

長崎電気軌道(1):雨の朝,200形・300形を撮る。

2020年9月16日(水)。長崎出張の当日の朝は,長崎電気軌道を初電から撮影する。強い雨の降りしきる中,長崎駅前の歩道橋と,出島~新地中華街間にて,定点観測。古参の200形・300形のオリジナルカラーの車両では,209,215,306,307,309号を撮影すること…

岳南電車の朝:旧京王3000系,全3編成との再会。

浜松出張当日の朝,岳南電車を撮る。2010年の3月末以来,実に10年ぶりの探訪で,旧京王3000系と再会した。気付けば貨物扱いは終了し,会社名も岳南鉄道から岳南電車に変わってしまっていた。今にも雨が降り出しそうな曇天の朝,岳南原田駅で全3編成を撮影。

銀雪のしなの鉄道撮影(7):黒姫~古間,夕暮れの雪原をゆく山スカ115系。

2018年1月7日(日)。しなの鉄道北しなの線の撮影。古間駅北側の雪原で,ついにこの日最後の走行写真を狙う。ほんのりと陽光が差し込み,山裾の雲は優しいマゼンタに染まる。絵画的な,柔らかい色調の舞台に,山スカ・115系が,ゆっくりと姿を現した。

銀雪のしなの鉄道撮影(6):牟礼~古間,初代長野色を面縦で決める。

2018年1月7日(日)。しなの鉄道北しなの線の撮影。古間駅からさらに南下し,牟礼~古間,戸草の集落にて。線路際でアングルを微調整し,アウトカーブの望遠構図で初代長野色を撮る。薄らと着雪のある山裾を背に,緑の「個性派俳優」が,独特の存在感を放…

銀雪のしなの鉄道撮影(5):牟礼~古間,戸草で山スカを迎える。

2018年1月7日(日)。しなの鉄道北しなの線の撮影。古間駅からさらに南下し,古間~牟礼間,戸草の集落で,満を持して山スカを迎える。中央東線の未練を,ここに果たす。続いては上りの湘南色を,線路際で待つ。戸草隧道のポータルに,ビビッドなツートン…

銀雪のしなの鉄道撮影(4):牟礼~古間,戸草集落の定番カーブにて。

2018年1月7日(日)。しなの鉄道北しなの線の撮影。古間駅からさらに南下し,牟礼~古間間,戸草の集落へ。私有地に入らぬように気を付けながら,初代長野色を定番のカーブで撮影。湘南色は線路際のオリジナルアングルで遊び,折り返しの初代長野色では定…

銀雪のしなの鉄道撮影(3):黒姫~古間,雪原に映える湘南色。

2018年1月7日(日)。しなの鉄道北しなの線の撮影。黒姫~古間の定番の陸橋の下から,サイド構図でしなの鉄道色と湘南色を捉える。折り返しのしなの鉄道色は陸橋上で,湘南色は古間駅手前の「雪原」で対戦。鋼鉄車のビビッドな差し色が,純白の舞台に鮮や…

銀雪のしなの鉄道撮影(2):黒姫~古間,川原踏切と「定番」で初代長野色を撮る。

2018年1月7日(日)。しなの鉄道北しなの線の撮影。信越大橋からタクシーでワープして,まずは黒姫~古間の川原踏切,続いて陸橋の定番撮影地で,初代長野色と初対戦。この日は,S7編成の検査からの復帰日。白雪を力強く蹴り上げて,元気そうに雪原を駆け…

銀雪のしなの鉄道撮影(1):黒姫~妙高高原,国境の銀世界を大俯瞰。

2018年1月7日(日)。2泊3日の長野旅行・2日目は,しなの鉄道北しなの線を撮影。未明の長野駅を発ち,妙高高原駅へ。駅から30分ほど歩いて到着した信越大橋の俯瞰撮影地では,一面の銀世界が「完成」していた。白銀の大舞台に,運用は予定通り,スカ色…

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ